2004年06月28日

「MSCIテレコミュニケーション・ポートフォリオ」の継続募集中止

大和證券から、手紙がきました。まあ、証券会社から手紙がくるのはしょっちゅうなのだけれど。この手紙が来たのは今年の1月なので、実は大和ワールドオープンの繰上げ償還の手紙より前のこと。こちらも資産規模が縮小してしまった結果、運営コストが過大になってしまったため「継続募集を中止する」とのこと。要するに販売中止です。

つまり証券会社に支払っている販売コストを圧縮する、ってことなんでしょうか。ただし、運用は続けるとのこと。

このファンドは、「世界中の有望な電気通信関係の会社に投資する」という、インデックス型の傾向が強いと思うので、運用コストはそれほどかからないのではないかと想像しています。となると、このまま繰上げ償還になるというよりは、しばらく維持する、という感じなのかな。でも、継続募集中止ということは、あとは基準価格が上がらない限り資産の縮小は続くわけで、やはりいずれ繰上げ償還、ということになる確率は高いと思っていたほうがいいかもしれませんね。

いずれにせよ、このファンドもこのところ基準価格が下がっている(これもドル安のせいかなあ)ので、なかなか手放すタイミングがとれないのでした。

[関連カテゴリ]
4.海外株式の投資信託

[広告]

[ブックマーク]  Yahoo!ブックマークに登録

≫次 : 投資信託って何?
≪前 : 「大和ワールドオープン」の償還



[トラックバックURL]
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36569/856731


[コメントを書く]

名前:
Mail:  (必須です。ダミーでも可)
URL:  (必須ではありません)