2004年08月23日

新生銀行の口座開設が完了

新生銀行では、都市銀行やコンビニのATMからの引き出し手数料無料、郵便局などからの振り込み手数料無料、と手数料無料に引かれて口座を申し込んでみました。

新生銀行を選んだ経緯については、過去のエントリ「シティバンクをメインバンクとして続ける理由はないのかも」「新生銀行の口座を申し込んでみた」に書いてきました。

口座開設までの手続きをかいつまんで。インターネットで必要事項を入力すると、数日後に申し込み用紙が送られてきて、そこにサインをして返送します。ここまでは以前のエントリに書きました。

申込用紙を送ったその約1週間後に、まず書留で暗証番号を書いた紙が送られてきました。さらにその1週間後に、キャッシュカードが届きました。これで口座開設の手続きは完了。当然ながら、窓口にはいちども行く必要はありませんでした。

あとは何らかの方法で新生銀行の口座にお金を振り込めば、使えるようになります。新生銀行のATMか、郵便局か、セブンイレブンなどにあるアイワイバンクのATMからならば振り込み手数料が無料になるらしいので、明日にでもそこから振り込みをしてみるつもりです。いまメインバンクにしているシティバンクなら、郵便局から手数料無料でお金を引き出せるので、郵便局のATMで引き出し、振り込みの操作をすれば、手数料をかけずにお金を移動できそうです。

新生銀行の口座にお金を振り込んだら、サイフ代わりに身近なATMから引き落としをして使い勝手を試してみること、それからネットバンクで家賃を振り込んだりして、使いやすさも試してみます。それになにより、新生銀行で扱っているMMFにもお金を移動してみるつもりです。

[関連カテゴリ]
F.シティバンク vs 新生銀行

[広告]

[ブックマーク]  Yahoo!ブックマークに登録

≫次 : 投資信託選択、6年前の失敗
≪前 : アグリゲーションサービスで金融機関の差別化の要素は

新生銀行、なかなか使えそうな予感 [ファンドの海から]



[トラックバックURL]
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36569/1253889


[コメントを書く]

名前:
Mail:  (必須です。ダミーでも可)
URL:  (必須ではありません)