2004年10月22日

ドルはまだ安くなる?

円高が進んで、昨日は108円台だったのがついに今日は107円台なってしまいました。少し前まで、110円から111円台にいたと思ったのですが、ここ数日で円高が進んだのはなぜでしょう?

アサヒ・コムのニュースから、今日の為替相場のニュースを引用。

21日の東京外国為替市場の円相場は、原油高による円売り圧力が一服した海外市場の流れを受けて、一時1ドル=107円77銭まで円高が進んだ。今年7月12日以来、約3カ月ぶりの水準となる。午後5時現在は、前日午後5時時点より63銭円高・ドル安の1ドル=107円67~70銭。

市場では「米国の経常赤字を嫌気したドル売り圧力も増している」(大手銀行為替担当者)との見方が出ている。 (10/21 17:16)

原油高はこのところの大きな話題でしたが、そのせいで円売りが進んでいたのが一服して、円高になった、ということのようです。問題は、この先円高がまだ進むかどうかなのですが、その疑問には答えてくれていませんね。

テレビ東京のワールドビジネスサテライトでは、ファンダメンタルと需給の2つの理由をあげていました。まず今回は円高というよりドル安。ファンダメンタルズでは米国の双子の赤字が過去最大、需給では対米証券投資が細っているとのこと。この2つがドル安の材料で、当面、100円割れを目指すとのこと。

って、「100円割れを目指す」、ってアナウンサーはさらっと言ってましたが、これからまだドル安になるってことで、けっこう大変なことなんじゃないでしょうか。

ひとまず今日、ドルMMFを買いました。まだドルが安くなるようであれば、少し様子をみつつ買い増しの予定です。


[関連カテゴリ]
1.よもやま投資信託

[広告]

[ブックマーク]  Yahoo!ブックマークに登録

≫次 : 藤沢久美さんのブログ再開?
≪前 : 「ファンド星人」で毎月投資信託を買い増しする



[トラックバックURL]
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36569/1741660


[コメントを書く]

名前:
Mail:  (必須です。ダミーでも可)
URL:  (必須ではありません)