2005年02月25日

時間分散って一体どういうこと?

投資信託の大きな特徴の1つが「分散投資」です。1つの投資信託は、いろんな株式や債券への投資で成り立っています。いわゆる「銘柄分散」ですね。

分散投資の方法には、この「銘柄分散」のほかに、もう1つあります。「時間分散」です。時間分散は、例えば毎月一定額を株や投資信託に投資していくことです。株や投資信託はつねに価値が上下していますので、投資する時間を分散することで購入価格を平均化して、高値で購入してしまうリスクを減らします。

で、以前から僕は時間分散の効果はいったいどれくらいなんだろう、と思っていて、今回いろいろ調べたのですが、その前に「時間分散」という用語に2種類の意味があることに気がつきました。

1つ目の意味は、そもそも僕が理解していた意味での「購入時期の分散」です。つまり、「毎月ちょっとずつ購入」するといったことを指します。

例えば、野村證券の用語解説「時間分散投資」では、
「つまり、一度に資金の全てを投入しないことも大切で、何度かに分け、時間を分散して売買することが大切である。」

ニッセイアセットマネジメントの解説「分散投資について(2)」でも、
「今度の分散投資は“時間”、つまり投資タイミングを分散することです。」

日興ビーンズ証券の「ファンド買い方マニュアル:時間分散の効果」でも、
「一般的な積み立て投資では、毎月一定金額(1万円からはじめられるところが多い)の購入を行っているのではないでしょうか。」

ジェット証券の「株用語集」にも、
「株式を購入または売却するときに、一度に売買しないで、数回に分けて投資を行うことです。」

などとあります。これが「時間分散」の唯一の意味かと思いきや、どうやら「時間分散」を「長期保有」という意味で使っているところがあるようなのです。

日本総研の論文「再考:年金資産の運用規制緩和-投資リスクの時間分散効果論争からの視点」から。
「近代ポートフォリオ理論(MPT)においては、株式のような運用リスクの大きい資産であっても、長期に保有すれば運用リスクは縮小する(投資リスクの時間分散効果)とされている。」

SRI Cafeの「長期投資と分散投資」から、
「さて時間の分散の話。実は長期投資の秘訣は時間を味方に付けること。これは時間を分散するということなのです。つまり長期投資とは時間分散投資ということ。」

構想日本の「[提言]「年金運用」に歯止めを」から、
「一般に株式は長期的にはリスクが低減する(時間分散効果)と言われているが、」

ゴールドマン・サックス・アセット・マネジメント「世界分散投資の魅力」から、
「ただし、長期でとりくむ、いわば、「時間分散」を行うことによって、さらなるリスクの低減を図ることができます。」

こうやって調べたことを書いているうちに、この2種類の意味が示すことがなんとなく分かってきました。(つづく)

[関連カテゴリ]
6.投資方法・ドルコスト平均法

[広告]

[ブックマーク]  Yahoo!ブックマークに登録

≫次 : 「時間分散」の意味は1つではなかった
≪前 : 新生銀行のパワード・ワンが売れているらしいけれど

今が決断の時です!!! [アンカーポートで配当生活!アンカーポートで主人を養います!から]



[トラックバックURL]
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36569/3067069


[コメントを書く]

名前:
Mail:  (必須です。ダミーでも可)
URL:  (必須ではありません)