一喜一憂を楽しもう

ライブドアショックで、この数日株価がものすごく下がって、そしてずいぶん取り戻しましたね。個人で株式の売買をしているひとは、大変なことになっているのかもしれません。でも僕は、株価が下がったり上がったりするのを不思議と楽しんで見ることができました。

続きを読む...

| | コメント (1) | トラックバック (1)

「稲妻が輝くとき」のためにフルインベストメントせよ!

「敗者のゲーム」の中で印象的なフレーズがあります。「投資家は『稲妻が輝くときに』市場に居合わせなければならない」。

続きを読む...

| | コメント (0) | トラックバック (1)

市場から逃げ出したくなる気持ち

この数カ月、投資信託をしている人、株を買っている人、そして外貨預金をしている人も、思わぬ上昇相場にほくほく顔なのではないでしょうか。というか、僕はちょっと逃げ出したくなるほどです。

続きを読む...

| | コメント (5) | トラックバック (0)

ドル・コスト平均法の欠点と、あまり語られない利点

ドル・コスト平均法がそれなりに役立つことは、前回のエントリ「ドル・コスト平均法はどれだけ役に立つか?」で分かりました。ただ、多くの解説で見逃している面があると思うのです。

続きを読む...

| | コメント (4) | トラックバック (2)

ドル・コスト平均法はどれだけ役に立つか?

投資信託の入門記事などでは「ドル・コスト平均法」という投資法がよく紹介されます。株価や債権の価格はいつも上下しており、時間を分散して毎月積み立てるように買った方が高値をつかむ可能性が減り、リスクの分散になる、という考え方です。

続きを読む...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

時間分散とドル・コスト平均法

前回のエントリ「長期保有に投げかけられた疑問」で、長期保有による「時間分散」には“リスク低減効果があまりないのではないか”という疑問がなげかけられている、ということを書きました。これと「ドル・コスト平均法」の関係はどうなんでしょう。

続きを読む...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

長期保有に投げかけられた疑問

株式も投資信託も、投資で成功するための基本は「長期保有」だとよくいわれます。しかし、「時間分散」投資について調べていたら、長期保有の効果について疑問がなげかけられているようなのです。

続きを読む...

| | コメント (6) | トラックバック (0)

「時間分散」の意味は1つではなかった

前回のエントリで、「時間分散」という言葉を調べたら、2通りの異なる意味で使われているようだ、ということを書きました。

続きを読む...

| | コメント (6) | トラックバック (0)

時間分散って一体どういうこと?

投資信託の大きな特徴の1つが「分散投資」です。1つの投資信託は、いろんな株式や債券への投資で成り立っています。いわゆる「銘柄分散」ですね。

続きを読む...

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ドル・コスト法の威力

僕はこれまでまったくドル・コスト法を実践していませんでした。それは別にドル・コスト法に異議があったからではありません。自分でも試してみたかったのですが、保有している投資信託を買い増すにはいちいち証券会社に電話をしなければならなかったので、面倒が先に立ってできなかったのです。

続きを読む...

| | コメント (5) | トラックバック (0)

「ファンド星人」で毎月投資信託を買い増しする

カブドットコム証券の口座で保有している「Jオープン」は、ノーロードだし信託報酬も高くないし、実績も悪くないので、なかなかいい投資信託だと思っています。そこで、このJオープンを毎月定期的に購入することにしました。カブドットコム証券では「ファンド星人」という変な名前のサービスがあって、これを利用することで毎月、自動的に定額で投資信託を買い増ししていくことができます(過去のエントリ「ファンド星人はワレワレノミカタカ?」もどうぞ)。

続きを読む...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「銀行からの引き落とし」でフィデリティの投資信託を毎月買う

何年も投資信託を保有してきていますが、そのあいだずっと、「む、そろそろ買いかな」と思うときにだけ証券会社に電話をして、買い増しをする、というスタイルをとってきました。

続きを読む...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ファンド星人」はワレワレノミカタカ?

フィデリティの積み立てプログラム「ステップ・BUY・ステップ」は、販売手数料が安くなるわれわれの味方でした。では、カブ・ドットコムの投資信託積み立てプログラム「ファンド星人」はわれわれの味方でしょうか?

続きを読む...

| | コメント (0) | トラックバック (1)

フィデリティの「ステップ・BUY・ステップ」は、なぜオンラインでは申し込めないのだろう

毎月自動的引き落としで投資信託を購入できる、フィデリティの「ステップ・BUY・ステップ」。9月10日までのキャンペーンもあるので、申し込んでみようと思っています。

続きを読む...

| | コメント (0) | トラックバック (0)